プラセンタについて詳しく紹介!

人気の馬プラセンタサプリは、美容や健康の悩みを改善・緩和してくれると期待されています。 当サイトでは、たくさんあるサプリを選ぶときの参考になる情報を紹介したいと思います。 自分にぴったりのサプリを選んで、馬プラセンタ効果を実感しましょう。

★おすすめの馬プラセンタランキングは
こちらをクリック★

プラセンタっていったい何?

プラセンタとは一体なんでしょうか?
ここでは詳しく説明をしていきます。

 

プラセンタとは英語で胎盤を意味しています。
しかしながら一般的にいうプラセンタは胎盤そのものの事ではありません。
胎盤から栄養素を抽出したものの成分をプラセンタと呼んでいるのです。

 

そもそも胎盤とは哺乳類の動物にある臓器です。
その臓器の役割は驚くパワーを持っています。
そのパワーは生命の誕生までの力として偉大な力とされます。

 

生命が母体に宿ってから胎盤という臓器はできます。
その臓器が赤ちゃんと母体をつなぐ大事な役割をはたしているのです。
栄養を運ぶ役割をしているのも胎盤ですし、赤ちゃんの老廃物を受けとっているのも胎盤なのです。
そして何よりも生命が宿ってから10か月余りで生物として形を作り上がる驚異のパワーがあるのです。

 

そしてそのパワーに注目して今のプラセンタができたのです。
昔から若返りの秘薬として扱われてきたプラセンタ。
日々研究を重ね続けて今のプラセンタがあるといえるでしょう。

 

そんなパワーを秘めているプラセンタには多くの栄養素が含まれているのです。
そしてその栄養素に注目をして何とかその成分を壊さないような特殊な方法で取り出しているのです。

 

この栄養素の多さは本当に多く数種類もの栄養素が一度にとれるのです。
またその栄養素の量のバランスは絶妙といわれていて、人口的にそのバランスを取るのは難しいようです。
自分たちの体内で作ることができない成分なども含まれています。
そしてこれらの成分が美容効果・健康効果があり、世間からは若返りの秘薬と言われるぐらいさまざまな効果があるということです。

 

栄養補助食品として扱われているプラセンタと伝えましたが、一部治療薬として使われているプラセンタもあります。
これらは医療機関でプラセンタ注射として扱われている物もあります。

 

人が生まれてから成長していくのに必要とされるヒト成長ホルモンってなに?

ヒト成長ホルモン(hGH)は、皮膚・骨・筋肉・細胞などの体のすべてに関係しており、脳の下垂体前葉という部分で作られる人が成長するのに必要な特殊なホルモンです。

 

ヒト成長ホルモンの分泌量は20歳でピークに達してその後は少しずつ減少していき、40歳代ではピーク時の半分、50歳以降ではピーク時の4分の1程度、0歳ではわずかピーク時の5%ほどになってしまい、この分泌量の低下が老化現象の原因となってしまうのです。

 

ヒト成長ホルモンは、筋肉や髪を作ったり、脂肪を分解させたり、身長が伸びる、肌のハリや潤いなどに関係していて、成長期の子供だけではなく、肌の細胞や身体のさまざま部分の修復や再生など、大人にも必要なホルモンで、アンチエイジングには欠かせない成分です。

 

そのため、年齢を重ねて出てきてしまった老化現象から、若々しく美しい肌を取り戻すためには、ヒト成長ホルモンを活性化させることが必要になってきます。

 

そして、この人成長ホルモンを活性化させることができるのが、プラセンタにしか含まれていない成長因子なのです。

 

プラセンタにしか含まれていない成長因子の特徴とは?

成長因子は、細胞増殖因子(グロースファクター)とも言われていて、細胞分裂を促す力を持つタンパク質の1つです。

 

成長因子は、もともと自分の体のなかで10歳頃までは活発に作り出されていますが、10歳ころから減少し始めて、20歳後半になってくると急激に減少してしまいます。
そのため、20歳後半になってくるとヒト成長ホルモンを活性化させる力が弱まってきてしまいます。

 

しかし、プラセンタを摂取して成長因子が体の中に取り込まれ補充されることで、体の中の細胞が活性化されるため、年齢とともに減少してくるヒト成長ホルモンも活性化させることができます。

 

細胞が新しく生まれ変わるため新陳代謝がよくなり、ホルモンの分泌量の低下とともに出始めた老化現象を元に引き戻そうとする力が働くことによって、アンチエイジングの効果が期待できるのです。

 

成長因子の種類

EGF(上皮細胞成長因子) …ターンオーバーを正常にして、肌のシミやしわ、くすみ、たるみ、肌のハリや潤いなどを改善する

 

FGF(線維芽細胞成長因子)…肌のハリや弾力を保つ成分、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを増やす

 

IGF(インスリン様成長因子) …損傷した肌の再生をし、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの生成を促す

 

TGF(トランスフォーミング成長因子)…コラーゲンやエラスチンの働きを強化し、肌の潤いや弾力を高める

 

HGF(肝細胞増殖因子) …肝細胞を活性化させて細胞の増殖・修復・再生をして肝機能を改善する

 

CSF(コロニー形成刺激因子) …免疫力を上げて、ウィルスや細菌などに対抗できる自然治癒力を高める

 

プラセンタはたくさんの成長因子が含まれていて、その種類によってそれぞれの役割をもっており、年齢とともに体に出始めた老化現象に、美容や健康の面でのサポートをしてくれるのです。

 

美容成分を含んだ美容に関する商品はたくさんありますが、このようなたくさんのアンチエイジングの効果を持っている成長因子が含まれている商品は、プラセンタしかありません。

 

ヒアルロン酸ではなく成長因子のほうが若返る?

人気の美容成分というと、プラセンタではなく化粧水などにも入っているヒアルロン酸という成分もありますよね。

 

ヒアルロン酸は保湿力があり、肌の潤いを保つ効果があります。

 

数年前の美容クリニックのしわなどの治療ではヒアルロン酸の注射が打たれていました。

 

しかし、年齢とともに減っていく成長因子によって細胞が衰えていくと、同じようにヒアルロン酸も減っていってしまいます。

 

そのため、プラセンタにしかない成長因子が補給されると、細胞を若返らせることができるため、ヒアルロン酸も増えていくことができるのです。

 

まずは、体の内側から成長因子で細胞を若返らせることが、美肌などのアンチエイジングには必要なのです。

 

馬プラセンタサプリメントの効果で若返りを実感しましょう!