本当のプラセンタ

プラセンタといえば成長因子を含んでいる栄養素のことをいいます。
その成長因子を含んでいるもととなるのが胎盤です。
人間をはじめ、馬や羊、豚の4種類の哺乳類の胎盤から抽出した成分がプラセンタなのです。

 

その中でもプラセンタサプリとして扱われているものが馬や羊、豚なのです。
人間の胎盤から抽出した成分は「ヒトプラセンタ」としてありますが、これは唯一の医薬品として扱われています。
そんなヒトプラセンタはもっとも効果が高いとされています。
医薬品ですので医療機関やクリニックなどでしか使えませんので、効果もしっかり期待できるのがわかります。
ヒトプラセンタはプラセンタ注射として摂取することができます。
でもデメリットもあり、値段の問題や、プラセンタ注射をすることで献血ができなくなってしまうのです。
そのような点からあまりおすすめができません。

 

そこでプラセンタサプリが最もお勧めだと思います。
プラセンタサプリとして市場に販売されているのは

  • 馬プラセンタ
  • 羊プラセンタ
  • 豚プラセンタ
の3種類です。

 

それぞれに特徴があるとされています。
詳しく紹介していきます。

 

まずは馬プラセンタ
馬の胎盤から抽出した栄養素を含んでいて、プラセンタサプリとしては美容効果はもちろんのこと健康効果も感じられると評判です。
馬の胎盤には栄養素を多く含まれているといわれていて、その多さが効果につながっているのかもしれません。
また馬の飼育方法や生態などから、健康体である馬の胎盤から抽出しているとあって安心・安全であるとされています。
今では馬の中の馬、サラブレッドの胎盤から抽出している馬プラセンタが人気のようです。
値段は少々高めですが、多くの人が愛用しているプラセンタなのです。

 

羊プラセンタはあまり国内では占めている割合が少ないプラセンタです。
羊はもともと牛いう狂牛病のような病気を発症しやすいというリスクから国内では羊を利用したものは禁止されています。
そのため国内で販売されている羊プラセンタは海外からの輸入がほとんどです。
羊の胎盤の組織が人間の胎盤の組織と似ている点から、羊プラセンタは体になじみやすいとされています。

 

豚プラセンタはこのプラセンタ市場で一番多く占めているプラセンタになります。
というのも豚の胎盤そのものが手に入りやすく、しかも安価な値段設定で販売することが可能なためといわれています。
サプリ以外にも多くの商品に配合されているプラセンタは豚プラセンタの成分がほとんどです。
美容効果も健康効果も得ることができると評判ですし、何より手ごろな値段という点が消費者には受けているようです。
しかしながら最近はその豚プラセンタの豚の胎盤の安全性が疑問視されています。
そのため豚プラセンタを購入するときはSPF豚から抽出しているか、確認することがおすすめです。

 

これら3種類のプラセンタサプリがあります。
美容マニアである私がお勧めするのはやはり馬プラセンタです。
圧倒的にその品質の高さと安全性が決め手となります。
人気の高さからか多くの馬プラセンタが販売されているため、自分に合ったものが見つけやすい点もお勧めです。